旬のカタチ

旬のカタチ

今年もドリアンの季節がやってきました! 写真は、カンボジア南東部のコンポンチャム州で生産されたドリアン。 ごつごつした鋭い棘に包まれた、見れば見るほど個性的な形です。 果物屋さんがトントンと棒でたたいて、食べごろのドリアンを見分けてくれます。 包丁で割って取り出した果実はつやつやのゴールドカラー。 新鮮なドリアンは独特の臭みが少なく、濃厚なクリームのようなお味です。...
今日のメコン川

今日のメコン川

中国のチベット高原から雲南省、ミャンマー-ラオス国境、タイ-ラオス国境、ラオスを経て、カンボジアの首都プノンペンを通過して、ベトナムへ流れていくメコン川。 プノンペン市街と対岸を結ぶ渡し船は、夕方になると通勤の車やバイクの人々で賑わいます。 メコン流域は昨年から雨量が少なく、メコン川の流水量も減っています。プノンペン周辺でも水位が低く河岸がむき出しに。...
タイ、ジョムトンの黒檀染め

タイ、ジョムトンの黒檀染め

situraéは、からだにも自然環境にもやさしい、地産地消の天然染料で染めた、天然素材の布で商品づくりをしています。 いま取り組んでいるのは、東南アジアの伝統織物に用いられてきた黒檀染め。( Shapes in Nature 黒檀染めコレクション ) 黒檀染めの面白いところは、染め方や染める素材によって、シルバーグレー、青みがかったグレー、黒みがかったグレー、カーキ、焦げ茶など様々な色が染まるところ。そして時を経るとともに、だんだんと色味が濃く深まっていくところ。...
Shapes in Natureシリーズ、新商品のお知らせ。

Shapes in Natureシリーズ、新商品のお知らせ。

アジアの自然のかたちや伝統織物の染め織り文様をデザインモチーフとする商品シリーズ、”Shapes in Nature”~自然のイロとカタチ。 黒檀染めコレクションに、新しく手織りコットン100%のクッションカバーが仲間入りしました。 夏の空に向かって咲く朝顔をイメージして、クッションの両面に大輪の花を絞り染めで描きました。 上質なコットンをやわらかく織りあげた手織り布に、伝統織物の職人が一つ一つ手仕事で絞り染めをほどこしています。...
日々これ試作。

日々これ試作。

4月のクメール正月に立てた新しい企画。 素の自分の時間をしつらえる、素肌に一番近いホームウェア&ナイトウェア。(新しい企画のはじめの一歩。) それはいったいどんな形だろう? 前回はゆったりしたカフタンガウンやナイトローブの方向性で試作したので、今回は新しい方向性を試してみることに。  ” 素肌に心地よく、かつ、女心をくすぐるeleganceがあるお洋服で過ごしたいなぁ。例えば、肩のラインが柔らかくて動きやすいラグラン袖で、すとんとした形でリラックスできて、上質で柔らかいイメージのワンピースがいいなぁ。”...