material

situraé商品の繊維と染め

繊維

situraéでは、天然繊維の糸を織りあげます。シルクやコットンそれぞれの繊維の柔らかさや滑らかさなどの特徴を生かした布の肌触りを生み出しています。

絹糸/シルク

蚕がサナギになるときに口から糸を出してつくられる繭からとれる動物繊維。光沢としなやかさ、手触りの良さから古くから高級繊維として利用されています。吸湿性、吸水性に富み、かつ高い保温性を有しており、夏は涼しく、冬は暖かいという性質を有します。繊細な糸のため、紫外線や虫食い、摩擦などには弱く、洗濯や保管には注意が必要です。

木綿糸/コットン

綿花の種のまわりの繊維から紡ぎだされた植物繊維。やわらかな風合いで、肌触り、着心地、快適感に優れています。吸水性がよく、汗を吸い、衛生的であるため日常に使う布として幅広く利用されています。また、天然繊維の中では最も耐久性が高い繊維のひとつで、特に水に濡れると耐久性が高まるため洗濯にも強い繊維です。

亜麻糸/リネン

亜麻の茎の内皮を煮てやわらかくし、細く割いてとった繊維をつなぎあわせて作られた植物繊維。張り、コシがあり、独特のしゃりっとした質感が特徴です。丈夫で通気性が高いために暑い地域で多く使用されています。

染料

situraéでは、天然染料を使って糸を染めあげます。天然染料は、画一的な発色性能を持つ化学染料とは異なり、その時々の自然環境や染めの環境によって発色が少しずつ異なります。同じ商品でも、染めの風合いはひとつひとつ異なり、世界にまたとないオリジナルな製品となります。

また藍やウコンなどは、虫を寄せ付けない自然の力を持っており、天然染料によって防虫効果などの機能性をつけることもできます。

天然染料は、地球上に存在するさまざまな動・植物から抽出できます。例えば珈琲、ドラゴンフルーツ、ココナッツ、グアバ、マンゴーなども染料となります。situraéで利用する代表的な染料を以下にご紹介します。

藍はインドを発祥として、古くからヨーロッパ、アジア、アメリカを含む世界各国で使われてきた染料です。日本ではタデ藍を発酵させてスクモを作って染める手法が一般的ですが、カンボジアなど熱帯・亜熱帯地域では泥藍で染める手法が用いられます。また藍染め布には、消臭効果、細菌の増殖の抑制効果、虫よけ効果があります。

ラック(ラックカイガラムシ)

ラックは、インド・マレーシア・カンボジアなどの熱帯・亜熱帯地域に生息するハナモツヤクの木などに寄生する貝殻虫が、樹木から養分を吸い上げて分泌する樹脂状のものです。粉末状にして湯に溶かして染料にすると、鮮やかな赤色を発色します。

ガンボージ(フクギ)

フクギは東南アジアを始めとした熱帯地域や沖縄などに生育するオトギリソウ科の樹木です。フクギの木の皮や葉から抽出された染料は、糸を鮮やかな黄色に染めます。また鉄媒染では渋い緑色に染まります。沖縄やカンボジアでは古来より伝統的な染料として親しまれてきました。

マックルア(黒檀)

黒檀はカキノキ科カキノキ属の熱帯性常緑高木で、東南アジア、南アジア、アフリカと広い地域のに生育しています。黒檀の実を水に浸して発酵させてつくる染料は、黒檀の実の成熟度や染めの回数によってカーキ、シルバー、ライトグレー、ダークグレーや焦げ茶色を染めることができます。

インディアンアーモンド

インディアンアーモンドは熱帯地域に生育する半落葉性の高木で、鉄媒染で黒染めの染料となります。

蘇芳

蘇芳はインド・マレー原産で熱帯地方のみに生育する植物で、心材が赤色の染料として用いられます。カンボジアではピンク色や赤紫色を染めるのに使われています。日本でも奈良時代以降、紅色に染める染料として親しまれてきました。

タマリンド(マニラタマリンド)

タマリンドは、アフリカ原産で東南アジアやインドなど熱帯〜亜熱帯地方に生育する植物です。心材が染料として用いられ、カンボジアでは淡いピンク色やベージュ色を染めるのに使われています。

ターメリック(ウコン)

ウコンは熱帯アジア原産のショウガ科ウコン属の多年草。カレーのスパイスや漢方薬などアジア各地で食用とされることで知られています。煮出した染液は鮮やかな黄色で、インドや東南アジアで黄色を染める染料として用いられています。またウコンで染めた布には防虫効果があります。

アナトー(ベニノキ)

ベニノキの種から抽出される色素で、カンボジアでは、鮮やかなオレンジ色を染める染料として用いられています。

situraéのコンセプト >

situraé は、アジアの自然と暮らしが育んできた伝統織物からインスピレーションを得て、天然の素材と染めの布で、自然本来の色やかたちを感じるファッションやインテリアを制作するブランドです。

Copyright © situraé - All rights reserved.